2016年04月12日

マニー・パッキャオvsティモシー・ブラッドリー

パッキャオのラストマッチ。
正直、ブラッドリーじゃなくて他の選手とやって欲しかったな。
もう3度目の対戦なので、展開も大体予想通り。
ブラッドリーはパッキャオの左に右を合わせるカウンター狙い。
両者ともスピードはあってつまらなくはないんだが。
7R、スリップ気味だったけど、ブラッドリーがダウン。
ダメージはほとんど無いけど、精神的にはきついダウンだったな。
9Rにも左のショートをタイミング良く入れたパッキャオがダウンを奪う。
こうなると、判定ではブラッドリーに勝ち目はないからもっとガンガン行くかと思ったが、パッキャオも無難に流してる感じで退屈になってきた。
判定でパッキャオが勝ったけど、ワクワクする試合ではなかったな。
サーマンでもガルシアでもブルックでも誰とでももっとワクワクした試合になっただろうに。
ラベル:ウェルター
posted by D at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック