2016年04月20日

メイズ・ランナー ☆☆★

今年の26本目。
迷路というだけでわくわく期待が膨らむ。
めちゃ面白かったわけではないけど、退屈はしなかった。

主人公がいきなり放り込まれたのは迷路で囲まれた閉ざされた空間。
主人公自身がどうなってるのか分からないわけで、見てる側にも何がどうなっているのか全く分からない理不尽系な始まり。
この空間で3年も生活してる人たちがいる。
男だけで女が1人もいない。
段々と設定がわかっていくわけだが、想定の範囲内でそれほどびっくりでもなかった。
最初のクリーチャーを倒すところとか面白かったのに、最後はみんなで竹槍持って一斉にってのはちょっと。
続編見てくださいなエンディングも開き直ってるわ。

メイズ・ランナー 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
メイズ・ランナー 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
posted by D at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック