2016年11月23日

FOUJITA ☆★

今年の129本目。
久しぶりに訳の分からない映画見たな。

画家、藤田嗣治のパリでの生活と日本に戻ってからを描いているだが、断片的だし、何を言いたいのか分からないカットも多くて、退屈だった。
アートは理解に苦しむ物が多いけど、映画もわざわざそうする必要はないと思うが。
posted by D at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック