2017年02月01日

ロジャー・フェデラーvsラファエル・ナダル

GSの決勝でこの顔合わせは2011年のフレンチ以来。
期待に違わぬ好試合。
ファイナルセットの第1ゲームでナダルがブレークした時はナダルが生涯ダブルグランドスラムを達成するのかと思ったが。
フェデラーの気合も半端なかった。
第8ゲームのデュースからのストローク戦は凄かったな。
WOWOWのアナウンサーも思わず叫んでた。
あれを取って、あのゲームをブレークしたのが勝負どころだったな。

第9ゲーム、フェデラーのサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップで、ナダルがブレークポイントを掴んだ時はまさかまだ続くのかと思ったが。
フェデラーがサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップでブレークされたことがあるのか。
記憶には無い。
15−40からナダル相手にきっちり勝ち切るのは凄い。
結局、ファイナルセットは1−3から5ゲーム連取したわけだ。

フェデラー 6−4,3−6、6−1、3−6、6−3 ナダル
ラベル:2017全豪
posted by D at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック