2017年03月18日

13時間 ベンガジの秘密の兵士 ☆☆★

今年の32本目。
2012年のリビア、ベンガジでのアメリカ在外公館襲撃事件を映画化したもの。
マイケル・ベイ監督作なのに日本劇場未公開。

こういう戦闘メインの映画はそれほど好きではない。
かなり長い戦闘シーンは「ブラックホーク・ダウン」を思わせる。
演出は少しドラマ性をもたせてるようには感じたが、過剰ではない。
比較的淡々と描いていて迫力はある。
襲撃されて殺されたアメリカ人は悲劇ではあるのだが、現地人があれだけボコボコ殺されるというのもなんだかな。

しかし、リビアのアメリカ公館やCIAの基地があんなに手薄でいいのかと思った。
リスク管理が甘すぎるんじゃないのと。

13時間 ベンガジの秘密の兵士 [DVD]
13時間 ベンガジの秘密の兵士 [DVD]
posted by D at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック