2017年03月21日

ゲンナディ・ゴロフキンvsダニエル・ジェイコブス

久しぶりの大一番。
緊張感ある試合で期待したのだが、思ったほどではなかった。
注目の試合にありがちな、どちらも警戒しすぎになってたように思う。
実績と実力から言えばゴロフキンなんだから、もっと行けばいいのにと思ったな。
確かに、ジェイコブスは一発のパンチはあるし、連打も速いけど。
ダウンは一度奪いはしたが、その後は決め手に欠くというか策がないというか。
ジェイコブスものらりくらりで倒そうという気は感じられなかったな。
まあ、ジェイコブスが警戒して身長になるのは仕方が無いとは思うが。
ということで、判定でゴロフキンが勝ったけど、面白い試合ではなかった。
再戦は別にしなくてもいいな。
アルバレスが1階級上げないかな。
ラベル:ミドル
posted by D at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック