2017年07月09日

団地 ☆☆★

今年の84本目。
え〜ってなる映画。

息子の事故死を契機に漢方薬店を畳んで団地に引っ越してきた山下夫妻。
ありがちな日常が展開されて行くが…

大阪の団地でのギャグのような日常を面白おかしくという話だと思っていたら、斎藤工演じる真城というキャラがおかしい。
違和感を抱えたまま話は進んでいくが、なにか落ちがあるのかと思ったら、違和感がそのまま結末になって、まじで〜と思ってしまった。
不思議な映画である。

あと、漢方薬が作られる様子が丁寧に描かれているシーンは面白かった。

団地 [DVD]
posted by D at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック