2017年10月16日

葛城事件 ☆★

今年の118本目
胸糞悪い映画。

実際にあった凶悪事件を基にした映画ってどうなの。
それほど意味があるようには思えない。

なんか、暗くて性格悪やつばかり出てくるし、うんざりしながら見た。
調べたら、池田小学校無差別殺人の宅間守がモデルだった。
殺人の設定は小学校ではなく、地下道での一般人だったが。

ごく普通の家庭でも一歩間違えばモンスターを生み出してしまうとか言いたいのか。
葛城稔は登場した時から危ない人間だったが、親が期待しすぎたのは想像できる。
しかし、正解なんて無い。
どのように育てても、ある確率で出るものは出る。
自分の子に限ってと、ほとんどの親が思ってるだろうな。
俺が何をしたってのは尤もではあるが、少なくとも葛城清は同情できる親ではなかった。

葛城事件 [DVD]
posted by D at 21:09| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]