2017年10月29日

溺れるナイフ ☆★

今年の123本目。
訳分からない映画。

少女漫画が原作である。
話は少女漫画らしい感じがするが、少女漫画は読んだことがないのでいい加減な感想ではある。
ブレスレットが壊れて恋人の危機を感じるとか、いかにも少女漫画みたいな気がするのだが。

小松菜奈と菅田将暉は中学生には見えないし、小松菜奈も可愛いとは思わないし、菅田将暉も二枚目には見えないから、なんとも違和感アリアリで退屈な映画だった。
菅田将暉はセトウツミみたいな三枚目が似合ってると思うは自分だけか。

初老のオヤジが若者が読む、しかも少女漫画の話に共感しろというのがそもそも無理な話か。
監督も若いんだな。
映像の撮り方も若い気がする。
最後のシーンの映像がしょぼすぎるのはお金が無かったのか。

溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

posted by D at 19:24| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]