2017年11月15日

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気 ☆☆☆

今年の131本目。
実話を基にした話。

結構前の話なのかと思ったら、2006年だから結構最近の話である。
そう思うと、世の中の雰囲気というのはかなり急激に変わってきたんだなと思う。
この点は、アメリカより日本の方がずっとコンサバだと思う。

映画としては、同性愛差別に癌とか、この手の話はずるい。
まあ、どうしても感情的に見てしまう。
これまでのこの手の映画の手法をほぼなぞっている感じで新しさは感じない。
実話だから仕方がないのか。

ジュリアン・ムーアはなんか病人役が板についてしまったような。
マイケル・シャノンの抑えた雰囲気が良かったな。

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気 [DVD]
posted by D at 21:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]