2017年12月16日

パッセンジャー ☆☆★

今年の148本目。
シチュエーション設定は非常に面白い。

120年の人工的な冬眠を経て他の惑星に移住する予定が、ポッドの故障で残り90年を残して一人目覚めてしまったジム。
なんとか再度冬眠しようといろいろと行動を起こすが…

世界に一人だけになったら、孤独に耐えられるのか。
無人島とは違って、助かる望みがあるわけではない。
助かりはしないが、誰かを道連れにすることはできる。
せっかくの面白い設定なのだが、話は普通である。
主役二人の感情がこうなるだろうなという、予想通りに展開していく。
それなら、もっとジリジリするくらいの葛藤が描かれている方がいいけど、演出はけっこうあっさり。
落ち含めて、もっと面白い話にできたような気がする。

パッセンジャー [Blu-ray]

posted by D at 20:38| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]