2018年02月05日

バースデーカード ☆☆☆

今年の22本目。
ベタだけど泣けた。

不治の病で先が見えた母親が幼い娘と息子に二十歳までの誕生日に渡す手紙を書き溜める。
なんか聞いたことがあるような話ではある。

映画の出来としては決して良い映画だとは思わないが、泣けるのは単純な性格なんだな。
アタック25の件とかはっきり言ってちょっとうざい。
役者陣もそれほど印象に残る感じではないけど、良い方に解釈すれば自然体だ。

バースデーカード [DVD]

posted by D at 20:40| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]