2018年05月21日

ライフ ☆☆★

今年の77本目。
まんま、「エイリアン」と「ゼロ・グラビティ」のパクリです。

この手の映画は嫌いではないので、それなりに面白かったけど、この豪華キャストでこのレベルの映画作っていいのか。
ちゃんと地球外生命体を想定したプロジェクトにもかかわらず、あまりにも杜撰である。
しかし、今の日本政府の対応とか見ていると、重大なリスクを抱えてのチャレンジを誰か委ねるというのは危険なことで有り得る話にも思える。
選ばれた頭のいい宇宙飛行士でも、結局は人間なので弱いところもあるだろうなと。

豪華キャストの中に、真田広之が出ているわけで、これは日本人としては嬉しいし、英語のところはけっこう良かったように思う。
日本語の場面もあったけど、この日本語がなんだか変でわざとなのかと思ってしまったが、そうじゃないんだろうな。

エンディングについては、古今東西こういう終わり方はよくあるわけであるが、この映画でこのエンディングを採用する必要は無かったと思う。
多分、続編を作るつもりは無いのだと思うが、真剣にこの後どうなるのかの続編を見てみたい気がする。
この映画とはテイストががらっと変わって「ゴジラ」みたいになってもいいので。

ライフ [DVD]
posted by D at 19:33| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]