2018年06月10日

パトリオット・デイ ☆☆☆

今年の85本目。
2013年のボストンマラソンでのテロを描いた作品。
実際の映像が盛り込まれたりして、70%くらいは創作無しで描いているようだ。

テロなんて無駄なことを何故にするのか。
まあ、虐げられていると思っている人間の気持ちはそう簡単にわからないのであるが。
犯人の嫁の訳わからなさは宗教のせいなんだろうな。

犯人が馬鹿なのはそうなんだろうけど、警察も意外とお馬鹿なのにはちょっとびっくりした。
街中であんな銃撃戦して、しかも策がなさすぎるし。
味方撃つまでパニックになるか。

パトリオット・デイ [DVD]


posted by D at 18:42| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]