2018年06月12日

ゾラニ・テテvsオマール・ナルバエス

井上尚弥の対抗王者であるテテの防衛戦。
テテは前回、世界タイトルマッチの最短KO記録を作ったが、今回はのんびりという感じだった。
ナルバエスも元2階級制覇のチャンピオンだが、体格が違いすぎた。
テテが大柄でナルバエスが小柄だから、15cmも身長差があってはナルバエスも出るに出れない。
ディフェンスは固いから、テテもそこまでは攻め込めない。
ということで、退屈な試合になった。
二人共12R、ダンスして終わった感じ。
テテの方が手は出してるから、テテのフルマーク。
こんな退屈な試合じゃ、テテが強いのかどうかが分からない。
井上はナルバエスをKOしてるからな。
ラベル:バンタム
posted by D at 19:38| Comment(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]