2018年06月25日

日本vsセネガル

セネガルは個人の能力が高い。
サイドを駆け上がられると、あっさり振り切られたりするが、日本も組織力で対抗という展開。

けっこう崩されてる場面多かったのでいつかは失点するかもと思っていたら、川島のミスに近いパンチングで先制された。
やばいなという感じがしたが、日本は崩れなかった。
乾の素晴らしいシュートで前半に追いついたのは大きい。
柴崎、乾、大迫の動きが良かった。

後半は日本の方がペースは良かったが、セネガルの個人技でやられた。
マネとかニアンとか速いし上手いし。
ワゲに決められたときはここまでかとも思ったが、この試合はガッツがあったな。
粘り強く戦って、大迫が放り込んだボールに岡崎が潰れて流れたボールを乾が折り返して本田がごっつあんゴール。
よく追いついたな。

全く期待できないWCだと思っていたが、サッカーは何が起こるか分からない。
面白くなってきた。
posted by D at 21:09| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]