2018年06月30日

日本vsポーランド

セネガル戦はいい戦いをした日本も既に敗退が決まったポーランド相手になんだかなの試合。
メンバーを大幅に入れ替えた意図は分からないが、ゆるいディフェンスのポーランドから点が取れない。
それでも、前半はなんとか点を取ろうと攻めていたし、後半に期待したのだが。

後半には大迫も入ったが、いまいちできが良くなかった。
柴崎もセネガル戦ほどではなかったし。
山口のファールで与えたFKから簡単に決められて、セットプレーに弱いところを見せてしまった。

ラッキーなことにコロンビアが1点取って、1失点で負けても決勝には進めるから、終盤はボールを回すだけ。
ポーランドも予選敗退は決まっているし、勝ってもいるわけで、ボールを取りに来ないから、なんとも間抜けなピッチ上になってしまった。
しかし、自分たちで道を切り開こうとせずに、コロンビア頼みを選択するとか、確率の問題じゃない。
そんな軟弱なメンタリティだからいつまで経ってももう一つ上のレベルには行けないんだろうな。

まあ、寝る時間を削ってまだ見る試合じゃなかった。


ラベル:2018WC
posted by D at 09:37| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]