2018年07月01日

ウルグアイvsポルトガル

無失点でグループリーグを突破したウルグアイに天才ロナウド率いるポルトガルの戦い。
1回戦屈指の好カード。

6分過ぎ、スアレスの左からのクロスにカバーニが飛び込んでヘディングを叩き込んだ。
ピンポイントのクロスだったな。
カバーニ→スアレス→カバーニで二人だけで取ったような点である。

ウルグアイは守備が堅くて、速攻のカウンターで点を取るのが伝統だが、スアレスとカバーニのツートップが充実している今回は優勝も狙えるのではないか。

前半はこのままウルグアイがリードして後半へ。
10分にはショートコーナーからロナウドの背後から飛び込んだぺぺがヘッドを決めて同点に。
一進一退の攻防だな。

16分、速攻からカバーニが勝ち越しゴール。
速攻というか、ゴールキックから、こぼれたボールをベンタンクールがキープしてパスを出してスアレスがスルーしてカバーニが決めるという、めちゃシンプルな得点である。

カバーニが怪我で交代したウルグアイ。
ポルトガルが追いつけばポルトガルが逆転まで行きそうだ。
ウルグアイは守り切ることができるかだな。

守りきったウルグアイは、球際が強いし集中力が切れなかったな。
スアレスとカバーニが目立つが、ラクサールは運動量豊富だし、トレイラとベシーノのダブルボランチも根気強く献身的な守備してた。
ポルトガルもアルゼンチンと同じでスーパースターのクリスティアーノ・ロナウドがいながらももう1枚カードがあればなという感じだった。
そこが、スアレスとカバーニの2枚看板のウルグアイにやられた一つの要因かな。
ラベル:2018WC
posted by D at 16:54| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]