2018年07月02日

ロシアvsスペイン

実力的にはスペインだとは思うが、WC直前に監督交代があったスペインも万全ではないと思う。
それでも、前半にFKからラッキーな形で先制したスペイン。
セルヒオ・ラモスの得点とは言っているが、ラモスの足には当たってないように見えたが。

とにかくボールキープ率が高いスペイン相手に先制されて追いつくのはきついな。
しかし、ボールはキープしているものの、ペースがゆっくり過ぎで、こんなにちんたらしたサッカーしてると、やられるような気もするな。
もう1点取ってしまえば安泰だろうに。
そう思って見てたらピケがやらかした。
CKからの競り合いで、あんなに手を高くあげてたら駄目だろ。
ホームアドバンテージもあるからこれはロシアにも目が出てきたな。

後半もなかなかスピードが上がらないスペイン。
ボールは回せても、誰もエリア内に飛び込めない。
ロシアのディフェンスが固いとも言えるが。
20分過ぎにイニエスタを投入して少しペースが変わった。
それでも、バリエーションが少ない。
ミドルが殆ど無いし、ロシアの守備もそれほど怖くないんだろうな。

延長に入って、ロシアのディフェンダーは足を吊りながらもよく頑張っているな。
延長後半、ロドリゴが個人技でシュートまで持っていったが、キーパーも良く防いだ。
結局PK戦まで行ってしまった。

PK戦は二人を止めたロシアが制して準々決勝進出。
スペインは時間内に勝ちきれなかったのが全て。
やはり優勝した年と比べると、決定力というかイマジネーションが足りないチームだった。




ラベル:2018WC
posted by D at 20:26| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]