2018年07月02日

クロアチアvsデンマーク

立ち上がり、ロングスローからいきなりデンマークが先制してびっくり。
わずか1分ちょっとだったし。
しかし、今度は3分後くらいにクロアチアが相手クリボールが味方に当たって跳ね返ったボールをマンジュキッチが決めて同点になった。
どんな試合になるのかと思ったが、そこからは落ち着いた。
デンマークは引いて守るしかないかと思ったが、けっこうプレスをかけてるな。
前半は1−1で折り返した。

後半はデンマークの方がペースを握っていた感じ。
それでも、決定力がなくて延長へ。
延長後半、モドリッチの決定的なスルーパスから得たPKだったが、モドリッチのPKをキーパーのシュマイケルが止めた。
しかし、あれで一発退場にならないのもどうなんだろう。
残り時間が少なかったとは言え、1人いるかいないかは大きな違いだと思うが。

PK戦は両者止められてのスタート。
その後も止め合いのPK戦、しかし、こんなにPKが決まらない試合も珍しいな。
最後はクロアチアがデンマークを振り切った。
ラベル:2018WC
posted by D at 21:39| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]