2018年07月08日

スウェーデンvsイングランド

前半、コーナーキックからマグワイアのヘッドで先制したイングランド。
スウェーデンは点を取りに行かなければならなくなって、イングランドにカウンターを食らう場面が多くなったが、キーパーがなんとか粘って前半は1−0で折り返す。

後半も前がかりのスウェーデンに対してイングランドがアリのヘッドで追加点。
イングランドはバランスがいい。
それほど守備も攻撃も抜けてはないけど、守る時はしっかり守るし、攻める時は波状攻撃もかけられる。
高さもあるし、スピードがある選手もいるし。
ケインとスターリングのツートップはいいバランスだし。
守備はヘンダーソンが効いていて、守備から攻撃への起点になってる。
キーパーのピッグフォードも好セーブ連発してるし。

2−0で勝ちきったイングランド、組み合わせに恵まれたという面はあると思うが、若いチームはまじでもしかするかも。
ラベル:2018WC
posted by D at 14:55| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]