2018年07月11日

フランスvsベルギー

立ち上がりはベルギーの方が積極的だ。
なかなかジルー、グリーズマン、エムバペにいいボールが入らない。
ベルギーもなかなかルカクにはボールは入らないが、アザールとデブルイネがいい感じで動き回っている。
ベルギの方がボールポゼッションが多くて、フランスがカウンターを狙うという形になっている。
両チームともキーパーがいいな。

後半6分、フランスがコーナーキックからウムティティのヘッドで先制した。
エムバペはスピードもあるけど、トリッキーなプレーも驚かせてくれる。
デブルイネがあまり目立たなくなっていたが、一枚交代カードを切ってどうなるか。
フランスはジルーも戻って守備をする場面が多くなってきた。

これまでのWC優勝国は全て自国人が監督なんだな。
ベスト4に残った国ではベルギーだけが違う。

結局フランスが逃げ切った。
どっちが勝ってもおかしくない試合だったな。
攻撃陣だけを見ればベルギーの方が上に見えたが、ルカクを活かせなかった。
フランスはポグバとカンテのボランチがやっぱり効いていたな。

ラベル:2018WC
posted by D at 20:52| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]