2018年07月16日

フランスvsクロアチア

クロアチアのプレッシャーが厳しい。
完全に押し込んで、フランスにチャンスを与えない展開だったが、グリーズマンのずるいプレーでフリーキックを与えて、そのグリーズマンが蹴ったボールをマンジュキッチがオウンゴール。
クロアチアにとってはものすごく嫌な展開だったと思うが、今大会のクロアチアは粘り強い。
クロアチアもセットプレーからトリッキーなプレーで、流れてきたところをペリシッチがワントラップから素晴らしいゴール。
フランスは同点に追いつかれたことよりも、このプレーでカンテにイエローが出たことの方が大きいような気がする。

この試合は主審がかなりの試合結果に影響しそうな気がしてきた。
そう思っていたら、グリーズマンのコーナーキックをクロアチアがクリアしたかのように見えたが、ハンドのアピールに主審がビデオ確認。
明らかにペリシッチの手には当たっていて、どうなるかと思ったが、結果PK。
これをグリーズマンが決めて2−1。
このまま、前半を終えたが、クロアチアは負けてる気がしないだろうな。
サッカーの内容は圧倒的にクロアチアの方がいい。

フランスはカンテを交代させた。
イエロー1枚もらってることもあるだろうが、カンテはフランスのキーマンだと思うな。
しかし、やっぱりエムバペとポグバだな。
ポグバが出したロングスルーパスにエムバペが追いついて、折返しをグリーズマンがポグバに流して右足でのミドル、跳ね返ってきたところを今度は左足で蹴り込んだ。
さすがに粘り強いクロアチアもきつくなったな。

20分、エムバペが鋭いミドルを叩き込んでこれで勝負あったかな。
しかし、ロリスは何してるんだ。
今大会、かなりレベルの高いキーパーだと思っていたが、軽率なプレーでマンジュキッチに得点されてしまった。
3点リードの気の緩みか。

それでも、そのままフランスが逃げ切って、2度目の優勝。
若いけど、強いチームだったと思う。
ポグバとエムバペは能力的にかなり飛び抜けた選手だと思うし、カンテ、グリーズマン、マチュイディ、いい選手が揃っている。
ディフェンス陣は目立ちはしないが、いい仕事をした。
この試合ではチョンボをしたが、ロリスはいいキーパーだと思う。


posted by D at 06:51| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]