2018年09月26日

ロード・オブ・ボクサー ☆☆★

今年の131本目。
ボクシングものではあるが、夫婦愛を中心にしたヒューマンドラマである。
ボクシングのシーンは最近の迫力があるものと比較すればちょっとしょぼい。
それがメインではないし。
引退を決めていた試合で防衛に成功するも、ダメージが大きく、記憶も思考力も無くしたところからリハビリを始めるチャンピオン。
可愛そうな嫁さんと娘にちょっと痛々しい描写もあるけど、終わりよければすべてよしかな。
ベタな話ではあるが。

posted by D at 22:02| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]