2018年10月04日

ジェルウィン・アンカハスvsアレハンドロ・サンチャゴ

アンカハスは強いチャンピオンだとは思うが、今回は相手を舐めすぎたように思う。
とにかくKOして当たり前という感じで、KOしに行ってるからちょこまか動かれてカウンターもらって苦しい展開に。
途中で考えを改めて、しっかりポイントを取りに行く作戦に変えて、なんとかペースを戻した。
判定にもつれ込んだ試合は3者3様のドロー。
アンカハスは命拾いだったな。
posted by D at 19:58| Comment(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]