2019年01月06日

あゝ、荒野 後篇 ☆☆

今年の3本目。
話はまあまあ面白いのに、ボクシングが酷すぎる。
前編でも裕二戦は正直なんだかなと思ったが、今回はエンディングであの試合は無い。
いろいろな設定をちゃんと平成の時代に合わせているのに、メインとなるボクシングがあれじゃ中途半端すぎる。
昭和の時代のボクシングならあり得たかもしれないが、今の時代あんなボクシングは無い。
あのエンディングにするのであれば、時代は昭和のままじゃないと。

あしたのジョーは昭和の漫画の名作だが、あの時代だから成立した漫画であって、ボクシングも進化している。
安全には細心の注意を払うようになって、15R→12Rになったし、ディフェンス一辺倒で反撃できない状態になるとレフリーストップになる。
プロボクシングはスポーツというよりも興行の面が強いが、それでも殺し合いではないのである。

あゝ、荒野 (特装版) DVD-BOX
posted by D at 08:40| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]