2019年01月06日

羊の木 ☆☆

今年の4本目。
一つ一つのエピソードにはいいものもあるが、最後はなんじゃそりゃになってしまう。

身元引受人がいない受刑者に対し、自治体が身元引受人となって仮釈放させるという設定は面白くはあるが、受刑者は税金で養っているから経費削減のために早く仮釈放させたいとか、いい加減な設定は漫画っぽい。
まあ、ちょっとコミカルでありながらもハートウォーミングな展開だったが、最後は一体何?
単なるサイコパスの話になってるし。
崖から落ちたのろろ様が港で引き上げられるという手抜きは一体何?
映画全体を通して何が言いたいのかさっぱりわからない。
優香のエロいキスシーンだけが頭に残っている。

魚深市という架空の市が舞台だが、魚津市でロケをしたらしい。
のろろ様がいる岬のシーンがあるが、富山にあんな場所はないだろうと思ったら、やはりあのロケ地はヤセの断崖だった。

羊の木(DVD通常版)
posted by D at 20:29| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]