2019年03月06日

blank13 ☆☆★

今年の28本目。
斎藤工の初長編監督作品。

妻とまだ小さい兄弟を残して、ふらっと出て行ったきり戻ってこなかった父親。
13年後に胃がんで病院に入院していることが分かり、会いに行った弟。
妻と兄は会いに行かず。
3ヶ月後に亡くなった父親の葬儀には…

最初はかなりシリアスで、悲惨な家族を描いているのだが、途中からコメディになる。
そう思うと、始まりもコメディだったな。
どんなにダメおやじで嫌なヤツでも、死んでしまったらやはり肉親の情というのが湧いてくるのは分かる。
でも、ちょっとふざけ過ぎかな。
まあ、実話だというからほんとうにああいう葬儀だったのかもしれないが。

blank13 [DVD]
posted by D at 21:06| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]