2019年03月14日

オスカル・バルデスvsカルミネ・トマゾーネ

バルデスはクイッグ戦で骨折してから久しぶりの防衛戦。
トマゾーネも無敗の挑戦者だったが、レベルが違いすぎた。
バルデスはスピードもパワーもこのクラスでは抜けているような気がする。
怪我からの復帰戦だから最初は少し様子を見ていた感じだったが、4Rあたりから本気出したよう。
4Rに2度ダウンを奪って、7Rにショートの右アッパーでダウンを奪ってレフリーストップ。
トマゾーネもオリピアンだからボクシングは上手かったからここまで粘ったけど、パワーの差は明らかだったな。

バルデスとサンタクルスはやらないのかな。
ラベル:フェザー
posted by D at 20:20| Comment(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]