2019年04月17日

イズラエル・アデサニヤvsケルヴィン・ガステラム

UFC236 ミドル級暫定王座決定戦
面白い試合だった。
アデサニヤが圧勝するのかと思ったが、ガステラムの頑張りがすごかった。
身長差がものすごくあって、長身細身のアデサニヤにずんぐりむっくりのガステラム、距離が違うからアデサニヤのパン地のほうが当たりやすいとは思ったが、ガステラムも避けるのが上手いし、軽いパンチはダメージにならない打たれ強さがあった。
それにしても4Rにガステラムのハイでアデサニヤがぐらついた時は千載一遇のチャンスだったな。
あそこをしのぎ切るのがアデサニヤの強いところなんだな。
最終の5Rは体力的な事もあっただろうし、後ほんの少しでKOというところまでアデサニヤがガステラムを追い詰めた。
判定まで行ったが、アデサニヤが無敗のままチャンピオンに登りつめた。
posted by D at 21:35| Comment(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]