2019年05月14日

オレクサンダー・グボジークvsドゥドゥ・ヌグンブ

あのスティーブンソンをKOして暫定チャンピオンから正チャンピオンになったグボジークの防衛戦。
面白い試合を期待したのだが、こんなにしょぼい試合は初めて見たかも。
グボジークがペースを取りながら、ヌグンブがなんとか躱しながら反撃を試みるという展開。
それが5R、急に足を抑えてヌグンブが後ろを向いてしまった。
転けたわけでもないのに靭帯断裂かなにかで終わってしまった。
ラベル:ライトヘビー
posted by D at 17:15| Comment(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]