2019年05月21日

イバン・バランチクvsジョシュ・テイラー

WBSSのスーパーライト級準決勝。
チャンピオンのバランチクは身長は低いが筋肉もりもり、挑戦者のテイラーは長身なので体格差が目立った。
バランチクはパワフルだが単調なので、なかなかパンチがヒットしない。
テイラーは長身の割には打ち合う感じではあるが、結構デフェンスは固い。
バランチクのパンチが一発まともに入れば分からなかったが、テイラーは喰らわず。
6R、2度のダウンを奪ったテイラーが判定で新チャンピオンになった。

決勝はプログレイスとだが、面白い試合になりそうだな。
posted by D at 19:13| Comment(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]