2019年05月21日

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた ☆☆★

今年の64本目。
2013年ボストンマラソンでのテロを題材にした実話ベースの話である。
同じ事件をもとにした「パトリオット・デイ」は事件の発生から犯人逮捕までを描いていてまあまあ面白かったが、この映画は一人の被害者を描いたものである。

確かにテロで両足を失うなんて悲惨な出来事であるわけだが、この主人公が結構なクズなのである。
テロの生き残りとして英雄に祭り上げられて、ひねくれていくのも分からないではないが。
それにも増して彼の家族が更にクズというのも見ていてなんだかなと思ってしまう。
実話ベースだからあまりに盛りすぎることもできないのだろうが、もう少し映画らしい設定にしても良かったのではないかと思う。

ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~[DVD]

posted by D at 22:18| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]