2019年06月09日

2019全仏 錦織圭

2回戦のツォンガ戦を見たときは今大会はいいんじゃないかと思ったが、やはり2回戦でツォンガとやるのは厳しかったか。

3回戦は第31シードのジェレ。
伸び盛りのセルビアの24歳で、初めて見たがクレーコーターらしいしぶといテニスをする。
実力的には錦織の方が上だと思ったが、錦織も詰めが甘い。
40−0からブレークされたりするし。
フルセットまでもつれたのは想定外だったな。
よく粘って勝ちきったとも言えるが。

4回戦はペール。
この試合も集中力を切らさなければ3セットで終わっていた試合だったと思う。
タイブレークを2つ落としてフルセットにもつれてしまっては、準々決勝で待つナダル戦への希望は見えなかった。

準々決勝のナダル戦は見せ場もなくストレート負け。

錦織はもうベスト8止まりの選手になってしまったか。
グランドスラムを一度でいいから優勝してほしいとずっと願ってきたが、もう30歳を目前にして厳しくなってきたかな。

posted by D at 12:09| Comment(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]