2019年11月06日

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 ☆☆★

今年の116本目。
良いところもあるけど、嫌なところもあって平均すればまあまあかな。

筋ジストロフィーの障碍者とボランティアを描いているが、主人公は実在の人物である。
この主人公のキャラが嫌いだ。
実話なので仕方がないが、フィクションだったらもっと評価は低くなっただろうな。
小さいときから不治の病に冒されて長くは生きられないと言われるとか、想像することもできないくらい辛いのだろうなと思うが。

主人公はそれなりに忠実に再現しているのだとは思うが、ボランティアも実際に忠実なのかな。
正直、このサブメインの二人のキャラもちょっとなんだかなと思ってしまった。
なにか作られたっぽい感じがするのだが。
それでも、ホロリとさせてくれる場面もいくつかあって良かったと言えば良かったのだが、エンディング間近のあれは個人的にはありえない。
人としてどうなのと思ってしまう。
自分が三浦春馬の演じたボランティアだったらブチ切れてるな。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 [DVD]
posted by D at 18:51| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]