2019年12月10日

岩佐亮佑vsマーロン・タパレス

元王者同士の王座決定戦。
体格は明らかに岩佐のほうが大きい。
タパレスは小さいけど、飛び込んで思いっきり大きなパンチを振るってくる。
たまにいいパンチを貰っていたから、危ないんじゃないかとも思ったが、やはり体格差なんだろうな。
岩佐はガードが下がるとめちゃ危なっかしいのだが、タパレスのパンチはそれほど怖くはなかったのだろう。
積極的に前に出て、少しずつダメージを与えて、11R、左ストレートで決めた。

もっとパンチのある同じくらいの体格の相手だとガードを上げとかないとやられるな。
posted by D at 19:36| Comment(0) | Boxing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]