2019年12月31日

スノー・ロワイヤル ☆☆★

今年の135本目。
息子を殺された親父が復習に爆進するというリーアム・ニーソンのいつもの定番かと思ったら、少しテイストが違った。
復讐に燃えて殺しまくることは殺しまくるのだが、ストーリー展開はコミカルな要素が含まれている。
狙いとしては「パルプ・フィクション」のような感じを狙ったのだと思うが、ちょっと物足りない。
もう少し、それぞれのキャラが立っていれば面白くなったと思うが。

スノー・ロワイヤル [DVD]
posted by D at 11:56| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]