2019年12月31日

運び屋 ☆☆☆

今年の136本目。
御大クリント・イーストウッドが主演で監督。
良かったけど、期待ほどではなかったかな。

仕事ばかりで家族のことを顧みずに行きてきたアールだったが、時代の流れで花農園も差し押さえられ行く当てもなく、孫娘を訪ねるが娘から無下に扱われ、出ていくことに。
車を運転するだけで金を稼げるという言葉につられて、一度だけと思い半信半疑で車を運転するが、大金を手にして繰り返し運び屋をすることに…

麻薬を扱っている映画なのに、少しぬるい雰囲気で話は進む。
正直、この主人公のアールに共感するところはないので、それほどのめり込むような話ではなかった。
どうして、こんな馬鹿なんだろうと見てしまう。
自分もある面ではかなりのお馬鹿なんで分からないことはないでもないが。
90まで馬鹿やって、やっと真っ当になれるというのもなんだかなとは思った。

ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャとかそれほど目立たない脇役に贅沢なキャスティングができるのはクリント・イーストウッドだからなんだろうな。

運び屋 4K ULTRA HD&ブルーレイセット (2枚組) [Blu-ray]
posted by D at 16:40| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]