2020年01月11日

きっと、うまくいく ☆☆☆

今年の5本目。
インド映画は苦手イメージが強かったが、面白かった。

2009年の映画で日本公開は2013年だったよう。
有名工科大学に入学した3人の青春物語といった感じ。
なかなかインド社会の実情は知らないが、大きな国だから田舎と都会ではぜんぜん違うんだろうなとは思う。
学歴絶対主義と言うかエリート主義と言うか、そんな社会でやりたいことをやるべきという、まあ理想を言えば当たり前のテーマではある。
話自体はかなりベタである。
感覚的には自分が学生の頃の日本のような感じなのかな。
インドでも自殺率が高いのは知らなかったが、いいか悪いかは別にして個人主義じゃなくて、家だったりが重要視されるなら分かる気はする。

しかし、あの急に踊りだすのだけは慣れない。
なくても十分いい映画だとは思うが。

きっと、うまくいく [DVD]
posted by D at 13:20| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]