2020年03月09日

グリーンブック ☆☆☆★

今年の31本目。
昨年のアカデミー作品賞受賞作。
普通に面白かった。


時は1962年、有名黒人ピアニストのドクター・シャーリーがイタリア系アメリカ人のトニー・ヴァレロンガを運転手にして南部ツアーに出た実話ベースの話である。
南部ではまだ黒人に対する差別が激しい時代、当然ながらトラブルが続出する。
最初は黒人に対する偏見を持っていたトニーが徐々にドクターと打ち解けていく。

いい話だとは思うが、批判もあるんだな。
実話ベースではあるが、正確ではないという話もあるようだ。
白人救世主批判とか、まあ、立場が違えばいろいろな視点があって当然ではある。

ヴィゴ・モーテンセンはいい味出していたが、やっぱり「イースタン・プロミス」がベストだと思うな。
マハーシャラ・アリは助演男優賞を受賞しているが、これは納得かな。

グリーンブック [Blu-ray]

posted by D at 20:29| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]