2020年03月19日

コンフィデンスマンJP ☆☆

今年の35本目。
キャラ設定と演出が苦手なパターン。

こういう詐欺物ってある程度パターン化してしまっているから、何となくそうなんじゃないかなという目で見てしまう。
なので初めて「スティング」を見たときのような驚きは無い。

長澤まさみのキャラはなんとかならないかな。
東出はあの事件のあとなだけに顔を見るだけで吹き出しそうになってしまう。
もうこれまで通りというわけには行かないんだろうな。

コンフィデンスマンJP ロマンス編 通常版DVD
posted by D at 19:43| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]