2020年04月16日

さよならくちびる ☆☆☆

今年の47本目。
良かった。

インディーズでライブ活動をしている女性デュオ、ハルとレオ。
ローディー兼マネージャーのシマ。
3人のちょっと奇妙な三角関係を描いている。

演出には音楽の力を感じる。
若者のやりきれない切ない思いも伝わる。

エンディングだけがもったいない。
もっと余韻の残るエンディングにしていればと思う。

秦基博とあいみょんが提供した曲は非常に良い。
主役の二人の演技もいいが、成田凌がかなり良かった。
ちょっとびっくり。


さよならくちびる [Blu-ray]
posted by D at 16:58| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]