2020年04月17日

ビリーブ 未来への大逆転 ☆☆☆

今年の48本目。
面白かった。

実在のアメリカ最高裁判事ルース・ベイダー・ギンズバーグの若かりし日、女性差別の違憲判決を勝ち取るまでを描いている。
1970年くらいのアメリカが2000年くらいの日本のイメージかな。
現在の日本の爺の政治家にはこの映画の中の年寄りたちと同じ価値観のものもまだ結構いるだろうなという感想。
映画のストーリーとしては特筆すべき展開ではないが、実話だとすればこんなもんだろう。

ビリーブ 未来への大逆転 [DVD]
posted by D at 20:34| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]