2020年04月30日

ポイズン・ローズ ☆☆

今年の57本目。

アメリカの田舎の病院をめぐるドラッグに関わるサスペンス。
時代設定も1970年代と古いし、ストーリーも古臭い。

ジョン・トラボルタはおっちゃんになってもかっこいい。
モーガン・フリーマンも出てて豪華キャストであるにも関わらず、B級感に溢れているのはやっぱり話がつまらないからだろうな。




posted by D at 15:49| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]