2018年07月11日

フランスvsベルギー

立ち上がりはベルギーの方が積極的だ。
なかなかジルー、グリーズマン、エムバペにいいボールが入らない。
ベルギーもなかなかルカクにはボールは入らないが、アザールとデブルイネがいい感じで動き回っている。
ベルギの方がボールポゼッションが多くて、フランスがカウンターを狙うという形になっている。
両チームともキーパーがいいな。

後半6分、フランスがコーナーキックからウムティティのヘッドで先制した。
エムバペはスピードもあるけど、トリッキーなプレーも驚かせてくれる。
デブルイネがあまり目立たなくなっていたが、一枚交代カードを切ってどうなるか。
フランスはジルーも戻って守備をする場面が多くなってきた。

これまでのWC優勝国は全て自国人が監督なんだな。
ベスト4に残った国ではベルギーだけが違う。

結局フランスが逃げ切った。
どっちが勝ってもおかしくない試合だったな。
攻撃陣だけを見ればベルギーの方が上に見えたが、ルカクを活かせなかった。
フランスはポグバとカンテのボランチがやっぱり効いていたな。

ラベル:2018WC
posted by D at 20:52| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

ロシアvsクロアチア

大声援を受ける地元ロシアが前半31分、チェリシェフのミドルがゴール左上に決まって先制。
デフェンダーに挟まれながらも、一瞬で振り抜いた素晴らしいシュートだった。
クロアチアは前の試合もそうだったが、取られても早い時間ですぐに取り返せたのが大きい。
39分にクラマリッチのヘディングで追いついた。
ここから両者譲らず延長線へ。
両チームとも延長線好きだな。

延長前半、モドリッチのコーナーキックをヴィダが決めた。
この時点で両チーム共にかなりの疲労感があったからもう決まりかと思ったが、延長後半、今度はロシアのFKからフェルナンデスがヘッドで決めて同点。
もう、セットプレーでしか点が入らない感じだったから、ロシアは千載一遇のチャンスをモノにした。

地元の応援とこの流れ、クロアチアのキーパーが足を痛めていたこともあって、PK戦はロシアが抜けると思ったら、分からないものだな。
まあ、PK戦は時の運、クロアチアの方が運があったということで。
ラベル:2018WC
posted by D at 17:46| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スウェーデンvsイングランド

前半、コーナーキックからマグワイアのヘッドで先制したイングランド。
スウェーデンは点を取りに行かなければならなくなって、イングランドにカウンターを食らう場面が多くなったが、キーパーがなんとか粘って前半は1−0で折り返す。

後半も前がかりのスウェーデンに対してイングランドがアリのヘッドで追加点。
イングランドはバランスがいい。
それほど守備も攻撃も抜けてはないけど、守る時はしっかり守るし、攻める時は波状攻撃もかけられる。
高さもあるし、スピードがある選手もいるし。
ケインとスターリングのツートップはいいバランスだし。
守備はヘンダーソンが効いていて、守備から攻撃への起点になってる。
キーパーのピッグフォードも好セーブ連発してるし。

2−0で勝ちきったイングランド、組み合わせに恵まれたという面はあると思うが、若いチームはまじでもしかするかも。
ラベル:2018WC
posted by D at 14:55| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

イングランドvsコロンビア

コロンビアはハメス・ロドリゲスが出ていない。
やはり、ファンタジスタがいないと、攻めが単調でコロンビアの躍動感が見られない。
クアドラードが孤立するし、キンテロだけじゃファルカオになかなかいいボールが入らない。
イングランドはもともとシンプルなサッカーをするチームだし、やりやすいだろうな。

後半、サンチェスはやっぱりこの大会は運が無いんだろうな。
エリア内のもみ合いでケインを倒したと判定されてPK。
まあ倒していると言えば倒しているし、勝手に倒れたと言えばそのようにも見えるし。

この辺りから、カードが出まくる荒れた展開に。
コロンビアは判定に不満なんだろうが、熱くなりすぎ。
不要なイエローもらってるし、審判を敵に回していいことはない。

ロスタイム、ものすごいロングシュートがゴールを襲って、キーパーがなんとかコーナーに逃げる。
そのコーナーキックはキーパーも上がっての最後の攻撃かと思ったが、そのコーナーキックをミナが叩き込んでしまった。

延長に入って完全にコロンビアペースになった。
延長後半はイングランドが盛り返した感じ。

結局PK戦。
まあ、このレベルではPK戦は完全に時の運。
イングランドがベスト8進出。

コロンビアはハメス・ロドリゲスがベンチにも入れなかったのはやはり大きい。
なんと言ってもコロンビアのエースだし。
イングランドはそれほど特徴のあるチームではないが、ケインのボールキープ力が抜けている。
若いチームだし、勢いに乗ればもしかするかも。
ラベル:2018WC
posted by D at 19:08| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

クロアチアvsデンマーク

立ち上がり、ロングスローからいきなりデンマークが先制してびっくり。
わずか1分ちょっとだったし。
しかし、今度は3分後くらいにクロアチアが相手クリボールが味方に当たって跳ね返ったボールをマンジュキッチが決めて同点になった。
どんな試合になるのかと思ったが、そこからは落ち着いた。
デンマークは引いて守るしかないかと思ったが、けっこうプレスをかけてるな。
前半は1−1で折り返した。

後半はデンマークの方がペースを握っていた感じ。
それでも、決定力がなくて延長へ。
延長後半、モドリッチの決定的なスルーパスから得たPKだったが、モドリッチのPKをキーパーのシュマイケルが止めた。
しかし、あれで一発退場にならないのもどうなんだろう。
残り時間が少なかったとは言え、1人いるかいないかは大きな違いだと思うが。

PK戦は両者止められてのスタート。
その後も止め合いのPK戦、しかし、こんなにPKが決まらない試合も珍しいな。
最後はクロアチアがデンマークを振り切った。
ラベル:2018WC
posted by D at 21:39| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアvsスペイン

実力的にはスペインだとは思うが、WC直前に監督交代があったスペインも万全ではないと思う。
それでも、前半にFKからラッキーな形で先制したスペイン。
セルヒオ・ラモスの得点とは言っているが、ラモスの足には当たってないように見えたが。

とにかくボールキープ率が高いスペイン相手に先制されて追いつくのはきついな。
しかし、ボールはキープしているものの、ペースがゆっくり過ぎで、こんなにちんたらしたサッカーしてると、やられるような気もするな。
もう1点取ってしまえば安泰だろうに。
そう思って見てたらピケがやらかした。
CKからの競り合いで、あんなに手を高くあげてたら駄目だろ。
ホームアドバンテージもあるからこれはロシアにも目が出てきたな。

後半もなかなかスピードが上がらないスペイン。
ボールは回せても、誰もエリア内に飛び込めない。
ロシアのディフェンスが固いとも言えるが。
20分過ぎにイニエスタを投入して少しペースが変わった。
それでも、バリエーションが少ない。
ミドルが殆ど無いし、ロシアの守備もそれほど怖くないんだろうな。

延長に入って、ロシアのディフェンダーは足を吊りながらもよく頑張っているな。
延長後半、ロドリゴが個人技でシュートまで持っていったが、キーパーも良く防いだ。
結局PK戦まで行ってしまった。

PK戦は二人を止めたロシアが制して準々決勝進出。
スペインは時間内に勝ちきれなかったのが全て。
やはり優勝した年と比べると、決定力というかイマジネーションが足りないチームだった。




ラベル:2018WC
posted by D at 20:26| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

ウルグアイvsポルトガル

無失点でグループリーグを突破したウルグアイに天才ロナウド率いるポルトガルの戦い。
1回戦屈指の好カード。

6分過ぎ、スアレスの左からのクロスにカバーニが飛び込んでヘディングを叩き込んだ。
ピンポイントのクロスだったな。
カバーニ→スアレス→カバーニで二人だけで取ったような点である。

ウルグアイは守備が堅くて、速攻のカウンターで点を取るのが伝統だが、スアレスとカバーニのツートップが充実している今回は優勝も狙えるのではないか。

前半はこのままウルグアイがリードして後半へ。
10分にはショートコーナーからロナウドの背後から飛び込んだぺぺがヘッドを決めて同点に。
一進一退の攻防だな。

16分、速攻からカバーニが勝ち越しゴール。
速攻というか、ゴールキックから、こぼれたボールをベンタンクールがキープしてパスを出してスアレスがスルーしてカバーニが決めるという、めちゃシンプルな得点である。

カバーニが怪我で交代したウルグアイ。
ポルトガルが追いつけばポルトガルが逆転まで行きそうだ。
ウルグアイは守り切ることができるかだな。

守りきったウルグアイは、球際が強いし集中力が切れなかったな。
スアレスとカバーニが目立つが、ラクサールは運動量豊富だし、トレイラとベシーノのダブルボランチも根気強く献身的な守備してた。
ポルトガルもアルゼンチンと同じでスーパースターのクリスティアーノ・ロナウドがいながらももう1枚カードがあればなという感じだった。
そこが、スアレスとカバーニの2枚看板のウルグアイにやられた一つの要因かな。
ラベル:2018WC
posted by D at 16:54| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスvsアルゼンチン

無風のグループリーグを無敗で1位通過したフランスと苦しみながらもなんとか決勝トーナメント進出を決めたアルゼンチンとの戦い。

フランスの若き10番のエムバペはスピードが半端ない。
現時点のサッカープレーヤーの最高峰はメッシとロナウドだと思うが、それに匹敵するレベルのプレーヤだな。
無風のグループリーグだったからフランスの試合を見ていなかったが、ここまでだったとは。
とにかく抜け出すスピードが速いからファールで止めるしか無い。
前半13分、PKをグリーズマンが決めて、フランスが先制。
その後にも自陣から抜け出したエムバペをファールで倒さざるを得ないシーンがあったが、ぎりぎりエリアの外でFKに留まった。
それでもアルゼンチンも強豪なわけで、そのままやられっぱなしという訳には行かない。
41分にディマリアが素晴らしいミドルを決めて、前半を1−1で折り返した。

後半の立ち上がり、フリーキックから流れてきたボールをメッシが初めて前を向いてシュート。
これにメルカドが運よく、コースを変えてアルゼンチンが勝ち越した。
面白くなってきた。
12分、フランスのサイドバックのパバールが折り返しのボールが流れてきたところをダイレクトでミドルシュートを叩き込んで、追いついた。
身体を倒しながら上から抑え込んだディフェンダーとは思えない素晴らしいシュートだった。
後半少し影が薄かったエムバペだったが、19分、ゴール前の混戦から、冷静に抜け出すセンスとスピードはやっぱり半端ない。
残念ながら大迫とはレベルが違う。
勝ち越したフランスに対して追いかける展開になったアルゼンチンは交代で入ったアグエロ含め前からプレッシャーをかけ始めたが、23分、カウンターからエムバペに決められて2点差。
2点差はきつい。勝負あったかな。
カウンター取り放題の展開になりそうだな。
ロスタイムに入って流石のメッシのフィードからアグエロがヘッドを決めて、1点差にまでは詰めたが時すでに遅すぎた。

フランスとアルゼンチンの差は何か。
メッシと他の選手との差が大きすぎるかな。
カンテの守備力の高さでメッシをかなり抑えたのが大きい。
ポグバにしてもグリーズマンにしても長い距離を走れるのも大きい。

ラベル:2018WC
posted by D at 15:10| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

ブラジルvsセルビア

ブラジルも決勝進出を決めているわけじゃなかったので、厳しい試合。
セルビアも必死だったな。
パウリーニョの絶妙の飛び出しで先制できたのは大きかった。
後半の20分くらい、セルビアの猛攻を凌いだブラジルはその後ネイマールのCKからチアゴ・シウバが押し込んで勝負あり。

ブラジルも絶対的な強さは見られないが、ネイマールの存在感は大きいし、全体のレベルは当然ながら高い。
トーナメントの山もいい山だから、チャンスは大きいな。
ラベル:2018WC
posted by D at 09:54| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本vsポーランド

セネガル戦はいい戦いをした日本も既に敗退が決まったポーランド相手になんだかなの試合。
メンバーを大幅に入れ替えた意図は分からないが、ゆるいディフェンスのポーランドから点が取れない。
それでも、前半はなんとか点を取ろうと攻めていたし、後半に期待したのだが。

後半には大迫も入ったが、いまいちできが良くなかった。
柴崎もセネガル戦ほどではなかったし。
山口のファールで与えたFKから簡単に決められて、セットプレーに弱いところを見せてしまった。

ラッキーなことにコロンビアが1点取って、1失点で負けても決勝には進めるから、終盤はボールを回すだけ。
ポーランドも予選敗退は決まっているし、勝ってもいるわけで、ボールを取りに来ないから、なんとも間抜けなピッチ上になってしまった。
しかし、自分たちで道を切り開こうとせずに、コロンビア頼みを選択するとか、確率の問題じゃない。
そんな軟弱なメンタリティだからいつまで経ってももう一つ上のレベルには行けないんだろうな。

まあ、寝る時間を削ってまだ見る試合じゃなかった。


ラベル:2018WC
posted by D at 09:37| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

ナイジェリアvsアルゼンチン

土壇場のアルゼンチンにナイジェリアは引き分けでもいいので少し余裕があったか。
メッシの天才的なトラップから先制したアルゼンチンは前半はかなりペースが良かった。
ナイジェリアも攻め手が全然なくて、安心した感があった。
もっと貪欲に2点目を取りに行くべきだったと思う。

後半、ちょっと厳し目の判定でPKを取られて同点に追いつかれたアルゼンチン。
絶体絶命まで追い込まれた。
後半に入ってナイジェリアの方が運動量も多くて、ペースを握られていただけにもうダメかと思ったが、意外にもセンターバックのロホがダイレクトボレーで決勝点をあげるという劇的な展開だった。

なんとか残ったアルゼンチンだが、決勝トーナメントも厳しいだろうな。
メッシは凄いけど、運動量は少ないし、半分くらいは歩いていて、他の選手とのレベル差がありすぎる感じだな。
イグアインもディマリアもマスケラーノも衰えたなという感じが拭えない。
ラベル:2018WC
posted by D at 20:28| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

ポーランドvsコロンビア

負けた方が予選敗退になる絶対に負けられない戦い。
立ち上がりはポーランドも良かったが、コロンビアの方が1枚も2枚も上だった。
日本戦は早々に10人になってしまったから本領発揮できなかったが、タレントが揃っている。
ハメス・ロドリゲスは日本戦ではなんにも仕事しなかったが、この試合では上手さを見せた。
ファルカオの得点力にキンテロの鋭いパス、クアドラードのスピードと運動量、日本はほんとラッキーだったな。
コロンビアが圧倒して3−0で勝利。
最終のセネガルとは個人技では互角でも組織力ではコロンビアの方が上回るだろうな。

ポーランドは予選敗退が決まったからモチベーションはかなり下がるだろうし、レバンドフスキーさえ抑えられれば日本は引き分けにはできるだろう。
ラベル:2018WC
posted by D at 21:18| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本vsセネガル

セネガルは個人の能力が高い。
サイドを駆け上がられると、あっさり振り切られたりするが、日本も組織力で対抗という展開。

けっこう崩されてる場面多かったのでいつかは失点するかもと思っていたら、川島のミスに近いパンチングで先制された。
やばいなという感じがしたが、日本は崩れなかった。
乾の素晴らしいシュートで前半に追いついたのは大きい。
柴崎、乾、大迫の動きが良かった。

後半は日本の方がペースは良かったが、セネガルの個人技でやられた。
マネとかニアンとか速いし上手いし。
ワゲに決められたときはここまでかとも思ったが、この試合はガッツがあったな。
粘り強く戦って、大迫が放り込んだボールに岡崎が潰れて流れたボールを乾が折り返して本田がごっつあんゴール。
よく追いついたな。

全く期待できないWCだと思っていたが、サッカーは何が起こるか分からない。
面白くなってきた。
posted by D at 21:09| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

ドイツvsスウェーデン

アルゼンチンの二の舞になるかと思ったが、ドイツの底力というか、国民性というか。
まあ、国民性と言っても移民が増えてチーム内でも変なゴタゴタがあるようなのでゲルマン魂というわけではないのだが。

圧倒的にボールを支配しながらも守備に徹するスウェーデンのゴールをこじ開けることができない。
スウェーデンはドイツvsメキシコ戦の分析からか、カウンターに賭けている。
どう見てもPKだったのがPKにならなかったのはドイツにとってはとてもラッキーだったが、結局カウンターで失点して窮地に陥ってしまう。
それでも、なんとか同点には追いついて、もう少しというところでボアテングが2枚目のイエローで退場に。
後半になってスウェーデンの足が止まり始めて、カウンターのスピードもなくなってきたから、けっこう安心して攻めることができていただけにこれで終わりかと思った。
スウェーデンは引き分けで十分、ドイツは引き分けだと予選敗退が濃厚になってしまう。
一人減ってもとにかく点を取りに行くドイツ、とにかく守るスウェーデン。
ロスタイム、もう終わりというところで、FKからクロースが起死回生のシュート。
ちょっとだけずらしたのが功を奏した。

しかし、この土壇場で残るということはドイツはもしかするかもしれないな。
ボアテングが出られないのは大きいが、次は韓国だし、よほどのことが無い限り勝つだろうし。
ラベル:2018WC
posted by D at 15:28| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチアvsアルゼンチン

メッシが活かされていないからアルゼンチンは厳しい。
アイスランドに引き分けたせいで、プレッシャーが大きかったのもあるだろうな。
ナイジェリアに勝っているクロアチアは余裕があった。
確実に守ってカウンターのパターンが嵌って、3−0で一蹴した。

クロアチアはバランスがいい。
モドリッチのテクニックとボールの収まりの安定感がある。
メッシは凄い選手であることは間違いないが、ボールが来ないから下がって貰いに行って、得点に絡める感じがしない。
初戦にPK外してアイスランドに勝てなかったのが尾を引いているな。
ラベル:2018WC
posted by D at 15:14| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする