2019年07月16日

2019 ウィンブルドン

決勝のジョコビッチvsフェデラーはすごい試合だった。
ウィンブルドンは今年からファイナルセットにタイブレークが適用されるようになった。
6−6からではなく12−12からではあるが。
それが決勝戦で適用されることになるとは。
もし、このルールに変わっていなかったらまた結果はどうなっていたかは神のみぞ知るだな。

正直、ジョコビッチが圧倒するかと思っていたが、フェデラーの集中力は凄かった。
準決勝のナダル戦はバックハンドも強打が多くナダルをねじ伏せた感じだったが、この試合はスライスを多用して我慢のテニス。
ここぞという時に強打するという戦い。
タイブレークを制されて、トータルポイントで上回りながらセットをリードされる展開。
きつかっただろうな。
それでもファイナルセット先にチャンピオンシップポイントを手にしたのはフェデラーだった。
40−15でもうそこまで手が届いていたのに、フェデラーでもプレッシャーはあるんだろうな。
ほんのちょっとだけ、慎重になった感じがした。
そこを見逃さないジョコビッチもさすがで、あの状況でブレークバックするとか信じられなかったな。
スコア 7−6、1−6、7−6、4−6、13−12

錦織はくじ運が良くて、3回戦までは1セットも落とさずに来たが、4回戦はククシュキン相手に1セット落とした。
それでも、順調といえば順調なのだが、ククシュキン戦は勝つには勝ったが、スコアほど簡単に勝った感じではなく余裕は全然感じられなかった。
これじゃ、フェデラーに勝つのは難しいなと思っていたのだが、蓋を開けてみるとフェデラーが絶不調でミス連発。
第1セットをとることができたわけだが、あのセットももっと勝負強ければ、6−4なんてスコアではなく6−0でとってもおかしくないセットだった。
最初にブレークした後のフェデラーのサービスゲームは何度もブレークポイントを握っていたのにものにできないから、フェデラーがだんだん調子を取り戻してしまった。
一気に2セット取ってしまえれば、チャンスもあっただろうに。
しかし、その後のフェデラーの試合を見ていると、やっぱりまだフェデラーとは力の差はあるな。
37歳のフェデラーよりも体力はないように思えるし。
posted by D at 20:48| Comment(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

2019全仏 錦織圭

2回戦のツォンガ戦を見たときは今大会はいいんじゃないかと思ったが、やはり2回戦でツォンガとやるのは厳しかったか。

3回戦は第31シードのジェレ。
伸び盛りのセルビアの24歳で、初めて見たがクレーコーターらしいしぶといテニスをする。
実力的には錦織の方が上だと思ったが、錦織も詰めが甘い。
40−0からブレークされたりするし。
フルセットまでもつれたのは想定外だったな。
よく粘って勝ちきったとも言えるが。

4回戦はペール。
この試合も集中力を切らさなければ3セットで終わっていた試合だったと思う。
タイブレークを2つ落としてフルセットにもつれてしまっては、準々決勝で待つナダル戦への希望は見えなかった。

準々決勝のナダル戦は見せ場もなくストレート負け。

錦織はもうベスト8止まりの選手になってしまったか。
グランドスラムを一度でいいから優勝してほしいとずっと願ってきたが、もう30歳を目前にして厳しくなってきたかな。

posted by D at 12:09| Comment(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

ロジャー・フェデラーvsラファエル・ナダル

GSの決勝でこの顔合わせは2011年のフレンチ以来。
期待に違わぬ好試合。
ファイナルセットの第1ゲームでナダルがブレークした時はナダルが生涯ダブルグランドスラムを達成するのかと思ったが。
フェデラーの気合も半端なかった。
第8ゲームのデュースからのストローク戦は凄かったな。
WOWOWのアナウンサーも思わず叫んでた。
あれを取って、あのゲームをブレークしたのが勝負どころだったな。

第9ゲーム、フェデラーのサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップで、ナダルがブレークポイントを掴んだ時はまさかまだ続くのかと思ったが。
フェデラーがサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップでブレークされたことがあるのか。
記憶には無い。
15−40からナダル相手にきっちり勝ち切るのは凄い。
結局、ファイナルセットは1−3から5ゲーム連取したわけだ。

フェデラー 6−4,3−6、6−1、3−6、6−3 ナダル
ラベル:2017全豪
posted by D at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

錦織圭vsロジャー・フェデラー

本来なら第5シードの錦織が4回戦で当たる相手ではないのだが、フェデラーが半年のブランクがあってランキングを落としていたために、この段階で当ってしまった。
ファイナルセットまでもつれた試合は惜しくも錦織が敗れたような報道が多いが、本来なら勝てた試合であった。

勝負の分かれ目は5−2とリードした第1セット第8ゲームの錦織のサービング・フォー・ザ・セット。
30−0とリードした場面で、サーブ&ボレーヤーでは無い錦織が何故にサーブ&ボレーに行ったのか。
ストロークで圧倒し、ファーストが入らないフェデラーにリターンでプレッシャーをかけ続け、絶好調に近い立ち上がりだったのに。
意表をついて楽にポイントを取りたかったのか?
フェデラー相手にかっこよく、サーブ&ボレーを決めたかったのか?
やる必要のないサーブ&ボレー、これが決まっていれば錦織が勝っていたと思う。
しかし、結果はボレーをミス。
まだ30−15で余裕があったにもかかわらず、意地になって次のポイントもサーブ&ボレーに行って、またしてもミス。
ズルズル行くところを2ブレークで止めて、タイブレークに持ち込み第1セットを取ったのは流石だが、錦織が自分を取り戻したことよりも、フェデラーが調子を取り戻してしまったことが大きい。
ブランクがあってランキングを落としたとは言え、フェデラーはフェデラーなのである。
気を抜くこと無く、全力で潰しに行くべきだったのである。

第1セットを取って少しは有利なはずなのに、有利な感じは全くしなかった。
第2、第3セットを落として、第4セットを取ったのは意地と気合だったと思うが、その時点でもう錦織が勝つ姿は想像できなかった。
まだまだ、元気いっぱいで疲れを全く感じさせないフェデラーに対して、錦織は足が動かず、サービスの威力も落ちていて、本当に第4セットを取れたのは奇跡に近かった。
案の定、メディカルタイムアウトを取る錦織はフィジカルでも35歳のフェデラーには敵わなかったわけだ。

なまじ色んなことができるから、自分のプレーに徹することができない。
ナダルがサーブ&ボレーをするところを見た記憶がない。
彼は自分がなすべきことが分かっていて、それに徹することができる。
錦織のストロークとリターンは間違いなく世界のトップレベルなのだが、サービスとボレーは錦織よりも上手いプレーヤーはいくらでもいる。
錦織がグランドスラムで優勝するためにはストロークに徹して、サーブ&ボレーは封印すべきだと思う。

ラベル:2017全豪
posted by D at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

錦織圭vsジェレミー・シャルディー、ルーカスラッコ

2回戦はシャルディー。
第1セットはまあまあだったが、第2セットはミスが頻発。
先にブレークを許す展開で、2度もブレークされた。
それでも、シャルディークラスならブレークバックできるから、第2セットも取ったけど、グダグダな展開。
第3セットも1度ブレークされたし、ストレートで勝つには勝ったが、先行き不安な試合だった。

3回戦は予選上がりのラッコ。
これまでの2試合とは別人のようなプレー。
積極的だし、迷いが見られなかった。
調子が良すぎて少し雑になったとこもあって、1度だけブレークされたけど、上出来でしょう。

しかし、次が完全復活かと思わせるフェデラーというのは厳しいな。
ラッコ戦以上の最高のプレーをしなければ勝てないだろうな。
ラベル:2017全豪
posted by D at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

錦織圭vsアンドレイ・クズネツォフ

全豪オープンの一回戦。
錦織はサービスはまあまあだが、ミスが多すぎる。
なんとかキープできてる状況だったが、第9ゲームにブレークされた。
第10ゲーム、すぐにブレークバックしたのは大きい。
クズネツォフに助けられてる。
第11ゲームをラブゲームでブレークされる。
全然錦織らしさが見られない。
まさかの初戦敗退もありうるな。
第1セットは7−5でクズネツォフ。

第2セットもいきなりピンチだったが、なんとかキープ。
第3ゲームはやっと錦織らしさが戻ってきたか。
第4ゲーム、ファーストの時は前に出て、セカンドで下がるという珍しい戦法でペースを変えて、ブレーク。
第6ゲームもブレーク。
第2セットは錦織が6−1。

第3セット、第4ゲームでブレークされた。
第5ゲーム、すぐにブレークバック。
第7ゲーム、クズネツォフが自滅してくれてブレーク。
第3セットは6−4で錦織。

第4セット、第ゲームでまたブレークされる。
ほんと調子に乗れないな。
なんとか、第3ゲームでブレークバック。
相手がクズネツォフだからなんとかなってる感じだな。
第4ゲーム、またブレークされて、一体何してるという感じ。
第5ゲーム、ブレークバックしたけど、お互いレベルの低い試合になってきたな。
タイブレークまで行ってしまったよ。
しかも競り負けたし。

ファイナルセット、第4ゲームでブレーク。
やっと、安定してきたかという感じ。
最後はクズネツォフのダブルフォルトで6−2でからくも勝った。

負けなくて良かったという試合だな。
ラベル:2017全豪
posted by D at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

2016 ウィンブルドン 決勝 アンディー・マレーvsミロシュ・ラオニッチ

セミファイナルで激闘の末、フェデラーに勝ったラオニッチの方が勢いがあるかと思ったが、経験の差がでたか。
マレーは落ち着いていた。
ラオニッチの強烈なサーブも読みが良くて簡単に返してるように見えた。
ブロックリターンが上手い。
デフェンス力も高く、ラオニッチが決まったと思うようなショットが返ってくるから、きつかっただろうな。
それでも、ラオニッチは完全に崩れることはなく、第2、3セットはタイブレークまで持って行ったわけだから、成長が伺える。
ラオニッチは次に決勝まで行く時は勝つ時かな。
posted by D at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

2016 ウィンブルドン

錦織は脇腹を痛めていて、初戦から大丈夫なのかという感じだったが、相手のグロスがサービスだけの選手だったから、なんとか勝つことができた。
2回戦のベネトーはきついかなと思ったら、脇腹はだいぶ良くなったのかそれなりのサービスが打てるようになっていた。
1セットは落としたものの余裕のある展開で3回戦へ。
3回戦はクズネツォフをストレートで下して、これは期待できるかと思ったら、4回戦のチリッチ戦のサービスを見たら愕然としてしまった。
1回戦の時よりスピードがない。
相手はグロスじゃないんだから、チリッチに失礼だった。
2セット目までやる必要はなかった。
プロなんだから、もう少し早くリタイアするべきだったな。
オリンピックも出なくていいから、体調整えて全米に出て欲しい。

バブリンカがデル・ポトロに敗れ、ジョコビッチがクエリーに敗れた波乱の大会は中堅の成長が目についた。
チリッチはクォーターファイナルでもう少しのところまでフェデラーを追い詰めた。
2セットを連取し、3、4セットもチャンスは十分にあった。
フェデラーが神がかっていたと言っていいだろう。
0−40や15−40からのサービスキープもあったし、3度のセットポイントを凌いだし。
ここぞという時のセカンドサービスで勝負に出ることができるのは流石としか言いようが無い。

そのフェデラーにセミファイナルで対戦したのはラオニッチ。
ゴファン戦で2セットダウンから挽回したメンタルの成長は間違いなかった。
フェデラー相手にも一歩も引かず、淡々と自分のプレーに徹することができるようになっている。
1−2と先行されながら逆転でフェデラーを下すところは錦織よりも一歩先に行った感がある。

決勝はマレーとラオニッチだが、新しい芝の王者が誕生するような予感。

posted by D at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

ノバク・ジョコビッチvs錦織圭

気合が入っとる。
ちょっと入り過ぎに思えるくらい。
第6ゲーム、40−0からミスが続いてブレークされた。
これだけ気合が入ってると、ちょっと狂うとミスになる。
これはゾーンに入ると逆に一気に行ける可能性もあるんだが。
第9ゲーム、ブレークバックのチャンスもあったが、ジョコビッチがキープして、第1セットは6−3でジョコビッチ。

第2セット、いきなりブレークされる。
ちょっとだけだけどずれてるな。
第2ゲーム、ジョコビッチは1stサービスが入ってないからチャンスなんだが、ここぞというところで2ndでエースを取るのはさすがだな。
ここまで強い球をを打ち続ける錦織は久しぶりに見た。
0−40からなんとかキープしたのはまだ切れてはいないな。
第5ゲーム、スマッシュを2本決められずにブレークされた。
少し空回りしとるな。
ブレークのチャンスはあるものの結局ブレークできず、6−2ジョコビッチ。

第3セット、第2ゲーム、遂に錦織がブレーク。
せっかくブレークした直後のゲーム、ブレークバックされる。
すぐにまたブレークした。
少し落ち着いてきた感じがする。
と、思ったらすぐにラブゲームでブレークされた。
やっぱり焦ってるな。
第7ゲームブレークされる。

結局、ストレートで敗れた。
6−2、6−3、6−4
ストレートだったが、もう少しだと思う。
ポテンシャルでは負けてないと思うが、ここぞという時の集中力かな。
第3セットはブレークで先行したが、結局引き離すことができなかった。
余裕を持てというのはジョコビッチ相手に無理だとは思うが、無心で戦えるようになればな。
ラベル:2016全豪
posted by D at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

ノバク・ジョコビッチvsロジャー・フェデラー

第4シードの錦織圭が1回戦で姿を消したUSオープンも、決勝戦は第1シードと第2シードの顔合わせ。
両者ともにセミファイナルは相手を圧倒した。
ジョコビッチは前回の覇者チリッチを寄せつけず、フェデラーはフレンチの覇者バブリンカを寄せつけず、この両者の対戦は一体どうなるんだと期待が膨らむ。

そして決勝戦は期待に違わぬすさまじい試合だった。
第1セット、ジョコビッチが先にブレークするが、フェデラーがブレークバック。
両者ともにリターンが上手いから、サービス側が圧倒的に有利にはならない。
早い展開でペースを取ったほうがゲームを取るといった感じだ。
フェデラーの方が短いポイントを目指すが、ジョコビッチのディフェンス力も半端ない。
2ブレークしたジョコビッチが6−4で第1セットを取る。

第2セットも緊迫した展開。
ジョコビッチは0−40から挽回するなど、とにかくしぶとい。
フェデラーにも焦りはあっただろうが、第12ゲームをブレークして、第2セットはフェデラーが取る。
このゲームはフェデラーのSABRが効いた。
SABRはフェデラーが見せるリターンでのアタックでSneak Attack By Roger。
サービスラインまで前進して、そこでリターンしてそのままネットに付く。
リスクもあるが、流れを変えるには面白い戦法だ。

第3セット、フェデラーがこのままペースを握るかと思われたが、ジョコビッチが崩れそうで崩れない。
フェデラーにも何度もチャンスはあったが、取りきれない。
フェデラーにもプレッシャーがあるんだな。
結局、ジョコビッチが6−4で取った。
これで、フェデラーの勝ち目はかなり薄くなった。
仮に第4セットを奪い返しても、フルセットになるときついだろう。

第4セット、ジョコビッチが一気にフィニッシュに向かう。
5−2とサービングフォーザマッチを迎えるが、ここでフェデラーが驚異的な粘り。
ブレークバックして、第10ゲームもブレークポイントを握る。
追いつくのかと思ったが、ジョコビッチがやはり盛り返して、ゲームセット。

フェデラーはキャリアの中でもレベル自体は最高になってるような気がするが、ジョコビッチがその上を行ってる感じ。
テニスのレベル自体が数年前より一段と上がってる。
ジョコビッチがいなければ、フェデラーもまだまだグランドスラムを取れると思うんだが。
まあ、フェデラーの全盛期にそう思ってた選手も多いだろうけど。
posted by D at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

ノバク・ジョコビッチvsアンディー・マレー

全豪オープンの決勝。
王者のジョコビッチは準決勝でバブリンカに苦しめられながらもやっぱり強いなという感じで勝ち上がってきた。
マレーは久しぶりに強いなと思った。
両者ともにディフェンスが強いから接戦が期待されたが、1、2セットは共にタイブレークで取り合う大接戦。
2セットが終わって2時間を超えてて、一体何時間かかるかと思ったが、第3セットからはジョコビッチが底力を見せて連取した。

この試合、ブレークが多くて、このレベルでこれ程サービスポイントが少ない試合は初めて見たような。
両者ともにリターンが武器なんだが、あそこまで返すかな。
ジョコビッチは元々サービスのみでポイントを取るタイプじゃないが、マレーは1stサービスの威力はかなり高いのに。
ジョコビッチはほとんどマレーのサービスのコースを読んでいる感じがした。
癖でも見破っているのではと思うくらい。

しかし、途中で足元を気にしていたジョコビッチの方が最後まで集中力を切らさないのは、さすがNO.1というところか。

ジョコビッチ 6−7、7−6、6−3、6−2 マレー
ラベル:2015全豪
posted by D at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

ノバク・ジョコビッチvsスタニスラス・バブリンカ

準決勝の第2試合。
壮絶な戦いだった。

錦織を破ったバブリンカだが、やっぱり集中力が増して強くなっている。
以前は自滅するパターンが多かったが、今はそいうことは無い。
攻めこまれても耐えるメンタルがあるし、ここぞという時にリスクを取る勇気もある。
フルセットまで縺れた試合、最後は体力的にパフォーマンスが落ちたようなバブリンカに対し終始自分のテニスをしたジョコビッチが貫禄勝ち。
いい試合だったが、結果論的にはバブリンカはもう少しリスクをとっても良かったかな。
世界ナンバーワンが相手なのだから。

スコアは7−6、3−6、6−4、4−6、6−0。
タフな試合で結晶への影響はあるのか。
ジョコビッチvsマレーは楽しみだな。
ラベル:2015全豪
posted by D at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンディー・マレーvsトマーシュ・ベルディヒ

準決勝の第1試合。
両者ともこの大会は好調。
ベルディヒはナダルを撃破して勝ち上がってきた。

第1セットはベルディヒの方が押していたが、マレーが耐えた。
ベルディヒは安定していたしストロークが深くて自信に満ちていた。
それでも、それを耐え切るマレーも今大会は好調だった。
マレーが耐えてタイブレークに持ち込んだセットはベルディヒが8−6で取った。

勢いに乗りたかったベルディヒだったが第2セットは一方的な展開。
ベーグルでマレーが奪い返す。
マレーの守備力にベルディヒの集中力が切れた感じ。

第3セットも流れは変わらずマレーが6−3で取る。
第4セットはベルディヒが持ち直し終盤まで縺れたが、マレーは崩れなかった。
第4セットをベルディヒが取れば分からなかったと思うが、マレー完全復活と言った感じか。
ラベル:2015全豪
posted by D at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

錦織圭vsダビド・フェレール

錦織は強くなった。
自力では完全にフェレールを上回っている。
3セット共に6−3でスコアだけからは楽勝に見えるが、圧倒したという感じではない。
苦しい場面もあったが、ここという時に決められる強さがあった。
フェレールもシモンとのタフな試合の後だから、ミスが多かった。
少なくとも4セットくらいまでは行く展開だったが。

サービスはほんとに良くなった。
以前はエースはほとんど取れなかったんだがいいところでサービスポイントが取れるからかなり楽になった。
ストローク戦ではミスをしなければほとんどポイントが取れてる感じだった。
ハードヒットした時のミスが多いのはこの先の格上相手には厳しいが、相手によって集中力も変わってくるだろう。
バブリンカ戦も期待は高まる。
全米と同じ展開で、バブリンカ、ジョコビッチとなるか?
ラオニッチも成長著しいからジョコビッチも簡単には行かないと思うが。
ラベル:2015全豪
posted by D at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

錦織圭vsスティーブ・ジョンソン

第1セット
ジョンソンという選手は初めて見たが、パワフルだ。
サービスも速いし、バックハンドはスライスで繋ぐ場面が多いが、フォアハンドは強烈なショットを放ってくる。
先にブレークしたもののブレークバックされてタイブレークへ。
タイブレークではサービスが入りまくりで、ジョンソンが第1セットを取った。

第2セット
さすがに第1セットのようにショットが決まりまくるという感じではなくなったジョンソン。
錦織の安定感とは対照的にミスが目立ち始め、錦織は2ブレークで簡単に第2セットを取った。

第3セット
このセットも錦織の安定感は変わらず2ブレークで錦織。
ただ、最後のサービング・フォー・ザ・セットでサービスが入らなくて苦労したのが気になる。

第4セット
開き直ったジョンソンがガンガン打ち始めた。
いきなり錦織のサービスで0−40。
しかし、ここから集中力を増した錦織が5ポイント練習でキープした。
これは大きいな。
第7ゲームでブレークして、ここで勝負ありの感が。
最後はもうゾーンに入ってた。

錦織圭 3−1 スティーブ・ジョンソン

600aflo_owde580527.jpg
ラベル:2015全豪
posted by D at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする